信長の野望online風雲鯖の鳳雛寺一家の日記♪


by dreaming-caos
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:★プレイの基本( 6 )

というわけで、よく新参さんと顔見知りになると「転び方」および「スライディングの仕方」(笑)とともにバーについてや詠唱について、kpについてなどを若輩ながらアドバイスしてるのですが、今の仕様だとなかなか新参さんとのんびりお話したり、そもそも出会いそのものも少ないのでブログの方にでもおせっかいながら作ってみようかと思います。

動画も時間があるときにでも2アカ駆使して撮っていこうかなぁ(またデジカメで)なーんて思ってるので、コツコツコソコソアップしていきますのでどぞ参考までに見てやってくださぃ。為にならなくても責任は負いません(マテ
中堅古参の方々もどうぞ、ご観覧いただいてご意見・ご感想やアドバイス、自分なりの見解などをコメントにお寄せいただいたら情報の幅も広がるかと思いますのでよろしくお願いいたしますっ


それでは目次↓↓↓

071.gif職業特化解説編
侍(武芸・武士・軍学)
僧(仏教・密教・僧兵)
神職(神道・古神道・雅楽)
陰陽師(陰陽道・仙論・高位召喚)
忍者(暗殺・忍法・術忍)
鍛冶(鎧鍛冶・刀鍛冶・鉄砲鍛冶)
薬師(医術・神通力・修験道)
傾奇(演舞・能楽・殺陣指南)

071.gif信onの世界に生きる(笑)
チャットの仕方
所作基本紹介
所作応用編
チャット機能の充実
簡易マクロと文字入力中ファンクションキーについて

071.gif戦闘の基本的な要素
行動宣言あれこれ
バーの見方
各種付与と看破
結界と結界破り
術準備と痺れ斬り
守護と警護
他職とは違う詠唱職のお仕事解説
「ヘイト」と敵の行動入力有無の見方

071.gif職業別実装のススメ
侍(武芸・武士・軍学)
僧(仏教・密教・僧兵)
神職(神道・古神道・雅楽)
陰陽師(陰陽道・仙論・高位召喚)
忍者(暗殺・忍法・術忍)
鍛冶(鎧鍛冶・刀鍛冶・鉄砲鍛冶)
薬師(医術・神通力・修験道)
傾奇(演舞・能楽・殺陣指南)

071.gif知人を作ろうコミュニティ編
全国検索をしてみよう!
勧誘希望と党員募集
私設チャットに参加してみよう!
一門に参加してみよう!
勢力私設と合戦私設
知人リストを活用しよう!
信書を送ってみよう!



ほすじも全特化使ったことがあるわけじゃないので、ほすじが持っていない特化をお持ちor経験された講師さん常時募集中っ
ゲーム内でこっそりブログ記事についてのアドバイスとかでもおkですので、よろしくお願いしますっ!

[PR]
by dreaming-caos | 2006-01-03 11:49 | ★プレイの基本

職業紹介-神職編

神職の特化は

①攻撃技能も豊富な神道
②気合管理能力に長けた古神道
③サポート技能が優秀な雅楽


の3種類。

ですがどの特化にも共通しているのが「詠唱職」であるということ。
攻撃技能がたくさんあるからと言うて、神道でアタッカーしかしませんとか、気合管理が優れているからと言うて古神で気合管理しかしないとか絶対にオススメしません。

では詠唱職とはどんなお仕事をするのかと言うと

1)蘇生職さんに「詠唱付与」をして術準備行動の省略
2)「気合の韻」をして徒党全体の気合回復速度の向上
3)敵から受けた呪詛を「全体解呪」などで消す
4)「不変の~」で徒党全体が行動不能になりにくくする(特化によって技能名は違う)
5)「子守歌」などで敵を行動不能にする&ヘイトをとる
6)「神の加護」で自己保身
7)戦闘終了時などに「与生気」で味方の生気回復
8)敵NPCを寝かせたり徒党全体を隠れた状態にしての移動サポート


基本的なことはこの8つですかね。
でも8の移動のサポートに関しては最近廃れ気味。でもできて絶対損はないかな。

あと序盤の敵では「メッキ」と言って、「英明付与」をつけてあげることによって盾鍛冶さんの「鎧の極み」が敵に看破されることを防いだりなども。

はい、けっこう詠唱職ってのは難しかったりします。
難しいのは、他の職業よりも臨機応変さが求められることにあるからなのですが、でも戦闘の流れを自分の行動で決める「ゲームメイカー」としてすごく面白みがある職業です。
徒党を生かすも殺すも自分しだい(笑) が鳳雛寺の口癖です。どうでもいいですがw

で、具体的な特化それぞれの違いを技能の一部をご紹介することであげていきたいと思います。

神道でできること
1)「月弓還矢」で行動回数に応じた数値を蓄積し、物理行動時に与ダメージに上乗せする
2)「神の光矢」で間接アタッカーとしての行動
3)「三貴神射儀」でランダム3体に間接物理攻撃
4)「魂送の矢」で敵にトドメをさして蘇生不可状態に(死んでも敵の蘇生行動で復活できないというエグい技能)
5)気合管理として雅楽よりも優秀な点として「神の手・弐」がある(ランダム数値の徒党全体生命&気合回復技能)


古神道でできること
1)敵の気合を奪いながら味方全体の気合を回復する「神威」
2)味方単体に気合韻効果付与+気合回復の「神祝」
3)敵単体の気合を大幅に削る「神気撃」
4)味方全体の標的固定状態を解除する「浄心」
5)戦闘勝利時に徒党全体の気合を一定値自動回復する「神授気合」


雅楽でできること
1)特定の付与を打ち消す妖術を一回だけ防ぐことができる「羽重の歌」
2)他特化の不変のさらに上位にあたる「不変の唄・弐」
3)味方単体の能力を大幅に上昇させることができる「神祇の唄」
4)戦闘参加者(敵も味方も)をすべて行動不能にする「大音響」
5)味方単体の付与効果時間を延長する「継続の唄」


神道は少し他特化よりも特殊な感じになりますが、雅楽と古神に関して言えば色合いが違うといえどもサポート技能が優秀という点で一致します。
また、雅楽と古神にはそれぞれ風属性の上位術があります。

どの特化をやるにしても慣れるまでは大変な職業ですが、徒党に一人絶対必要な詠唱職ですし戦闘の流れを一番よく覚えることができるかなぁなんてのも感じることがあります。


神職についてはこんなところかなぁ…
[PR]
by dreaming-caos | 2006-01-01 13:33 | ★プレイの基本

職業紹介-陰陽師

陰陽師の特化は

①属性術のエキスパートの陰陽道
②無属性術のエキスパートの仙論
③強力な式神を使役して戦う高位召喚


の3種類。

どれも術アタッカーとしての土台は変わりません。
①②の陰陽道と仙論は、術を強化する技能が違うということと付与内容が属性か知力かってこと以外はさほど差がないように思えますが、③の召喚だけはやや毛色が違うようにも思えます。

信長の野望onlineでの術アタッカーと物理アタッカーの違い、それから陰陽師の特筆すべき点をいくつかご紹介
1)術アタッカーは守護警護に関係なく自分が狙った標的を攻撃できる(標的固定時をのぞく)
2)全体攻撃がある(ただし術準備あり)
3)一般の物理アタッカーに比べてウェイトが多い傾向
4)魅力が伸びやすいので比較的標的固定されにくい(初期魅力上げるのも大事)
5)ヘイト=標的度が上がりやすい(極端に言えば狙われ殴られ殺されやすい)
6)敵の防御力に関係なくダメージ出せる(ただし、属性値が高い敵にはダメージ出にくい) 
7)術は必中(つまり回避されない)


6に関して補足を言えば、物理さんが苦労している硬い敵相手にもガンガン貫通させられるっていう利点になりますね。逆に、術系の敵で属性値が高い敵に関してはだいたいやわらかい敵が多い感触なので物理さんが殺すという持ちつ持たれつの世界(ぇ


では次に、特化ごとの違いをご紹介。

陰陽道の凄いこと
1)術のダメージを強化する技能が凄く優秀
2)上位の全体術がある。(これがハンパなく強い)
3)3特化中一番わかりやすく、一番ダメージ出しやすい


仙論の凄いこと
1)痺れ技能が優秀(術止めも億することなくいけちゃいます)
2)上位の呪詛技能がある
3)開幕から自身に属性値上昇効果やら活効果をつけられる


高位召喚の凄いこと
1)物理・妖術・癒し・呪い・護などさまざまなシーンに合わせて式を呼び出せる。
2)式神の能力を徒党員に付加したり、式神をしまうことで自身の生気回復も可能


どの特化も単体術攻撃技能があるので、やはり根本的にやることはかわらないような気がしちゃいますが、陰陽師に関してはこんなところかなぁ...
[PR]
by dreaming-caos | 2006-01-01 11:50 | ★プレイの基本

職業紹介-忍者

忍者の特化は

攻撃力重視で大ダメージが期待できる暗殺
器用重視でかゆいところに手が届く技能が満載の忍法
属性or知力重視で忍者で唯一の術アタッカーの術忍


の3種類。

陰陽師や神職と同じく、3特化すべてに共通する仕事があります。
鳳雛寺は「忍者枠」と呼んで、勧誘時には必ず忍者さんを一人は徒党に誘いますです。

というのも、忍者には大事な仕事がたくさんあるです。

1)痺れ斬りや崩旋脚、忍法特化の流水などの痺れ技能で敵行動の妨害
2)全体看破で敵付与状態の消去
3)結界破り


おおむね、この3つですね。
とくに1と3に関して言えば、忍者ならではの利点が多いので重要かもです。

1の痺れは、侍共通技能の「みね打ち」・武士特化技能の「がむしゃら」・演舞特化技能の「痺れ斬り」・術止めだけで言えば僧兵の「阿修羅槍」など類似技能は多いですが、二刀流の武芸や槍装備の盾侍や演舞や僧兵に比べて、妖刀や懐剣二刀流の忍者はウェイト的に断然有利といえると思います。

3の結界破りに関しても、密教(破界)や僧兵(諸行無常)にも破り技能がありますが密教さんは回復行動で忙しいですし、僧兵はダメージ発生しない技能なので、そういう意味でも殴りながら結界破れるってのは利点だと思います。
ついでに気合消費も諸行無常はひどく消費多いので、忍者の結界破りのが回転いいかなぁ…。


まぁ、つまるところ忍者ってのはサポート寄りのアタッカー特化です。
いろいろなシーンやニーズに対応した技能がある分、武芸よりも器用なアタッカーとも言えるかなぁ。
もちろん、すごい暗殺さんとすごい武芸さん比べたら断然武芸さんのがダメージ出るわけですが…
何がやりたいかですよね~。いろいろな技能を駆使して戦いたいなら忍者、とにかくダメージ出していきたいなら武芸トカ、役割分担ハッキリわかってると職選びも楽しいってものです♪

では、そんな忍者の特化ごとの違いを見ていきましょう。


暗殺の優れたところ
1)自分で攻撃付与状態をつけながら、物理アタックできる「陽炎」がある
2)守護が自分行動に対して発動しなくなる「電光石火」がある
3)妖刀装備時のみ、反撃回避ができる
4)一刀流用の技能が多いので、戦闘潜在で生命と腕力が上げられる
5)硬い敵に対して貫通力の高い技能がある


忍法の優れたところ
1)援護射撃がある(手裏剣援護)
2)残生命にかかわらずに間接攻撃をかばって回避する「空蝉」がある
3)「結界破り・改」や「封殺手裏剣」といった手裏剣による技能で守護関係なく術止めや破りができる
4)自身の器用によってダメージを上げる技能と自身の器用を上げていく技能の連携でダメージがどんどん上昇させられる(もちろん上限はあるけど…)
5)対象数ランダム・確立で痺れ効果やクリティカルがある「乱れ吹き矢」で釣られても術止めできたりする


術忍の優れたところ
1)術ダメージを大幅に軽減する「減殺の術」がある
2)徒党全体の回避を大幅に上昇させる「朧の術」がある
3)準備なしで対象5体の術が放てる(しかも属性に応じた呪詛つき)
4)敵単体の被守護率低下の「封護遁術」で守護抜けできない物理さんのサポートができる
5)物理ダメージがたいして出ないので反射結界に痺れ物理技能しても痛くない(笑)


術忍の5は半分冗談(というか鳳雛寺が術忍で遊ぶときのネタ)として…w
以上のことから、次のように区分できると思います。
1)暗殺は忍者の中で最大のアタッカー
2)忍法は忍者の中で最大のテクニシャン
3)術忍は忍者の中で最大のサポーター


ただ、テクニシャンとはいえ現時点でいえば忍法が一番扱いやすく、また強くしやすいという客観的感想を鳳雛寺は持っています。
主力技能のひとつ、自身の器用さに応じてダメージ上乗せ状態にする「疾風怒濤」が特化1技能なので、これさえ覚えてしまえばダメージは出しやすいかなと。
逆に、自分で使ってみての感想ですが、術忍はダメージをどうしてものばしにくい上に術アタッカーとして陰陽師にもダメージかなわないし、物理アタッカーさんたちと比べてもダメージだしにくいので、純粋にアタッカーとしてみなしてしまうと扱いにくいかなぁという感触です。
暗殺さんは、特化5に主力技能が2個あるのでそれまでがちょっと大変かもだけど、今の仕様ならば特化5取得もすぐですかね。

どの特化に関しても世間的ニーズの「術止め」「タイミングよく1の行動阻止」「全体看破」「結界破り」など、けっこう要求の多い職業かと思います。
初めてだとバー読みだなんだが必須なので、いろいろと茨の道もあるかと思いますが、これさえやっておけば他のアタッカーを作っても困ることは技能の違い以外には何もないかな、と思うです。


忍者に関してはこんなところかなぁ…
[PR]
by dreaming-caos | 2006-01-01 08:39 | ★プレイの基本

職業紹介-僧編

僧の特化は

①僧3特化中一番の回復量を誇る仏門
②より強力な術や呪いをもつ密教
③槍や棍棒で敵をばったばったとなぎ倒す僧兵


の3種類。

①②の仏教と密教は「蘇生」枠で徒党に参加するのがメインになっていくと思います。
③の僧兵はアタッカー枠参加がメインで、たまに必要に応じて蘇生枠での徒党参加になるかと。

蘇生枠メインの仏門と密教の違いは

1)仏門はより回復職として特化している
2)密教は結界破りや術ダメージ軽減結界などバリエーションが豊富


という点ですかね。
仏門が回復として特化しているという話の具体的な例として

1)「慈愛の心」がある(自動発動で回復技能の回復量上昇)
2)生命回復+結界を張る「冥護慈救」がある
3)共通技能の「如来救世」よりも優秀な「大日如来慈恵」がある(蘇生技能)


という点があげられます。
また蘇生技能に関して言えば、密教と僧兵が唯一使える「如来救世」は生命も気合もほぼないような瀕死の状態での蘇生になるので、そこは仏門のすごい強みかなぁと思います。

では密教よりも絶対的に仏教がいいのか…?

いいえ。そんなことはないんです。

密教の強みは、より多くの行動バリエーションがあるということにあります。
ぶっちゃけ回復職なんて戦闘終盤になるとヒマです。ヒマなんです。
密教の技能の一部を紹介していくと

1)あらゆる術ダメージを1/3に軽減する「孔雀明王法」
2)敵単体に術攻撃+徒党全体回復の「廻向の印」
3)敵全体に火属性と水属性の術を同時に放つ「双界法句」
4)敵単体の生命力の上限を下げる「八大明王秘呪」


などなど、使いどころやタイミングはむずかしいかもしれないけれどもさまざまの場面で活躍できる技能が豊富です。
これもほんの一部なので、使いこなしていったらすごく面白い特化だなぁといつもながら思います。


最後に僧兵について。
僧兵は、私個人の見解というか認識ですが「勇者属性」があるかなぁなんて思います。
すごく特化した部分がないんですね。技能全体を見て。
逆を言えば、すごく劣った部分もないんです。
強いて言えば、「詠唱職」のような動きはできないってくらいかなぁ。
具体的にできることをあげていくと以下のようになります。

1)「僧兵連撃」(敵単体物理攻撃)や「閻魔撃」(敵単体物理攻撃+徒党全体回復)で物理アタッカー
2)「金剛力」で攻撃力および防御力が1.5倍になる+「羅刹浄天」の回復数値の蓄積
3)「羅刹浄天」で徒党員3人を最大3000程度回復(金剛力を使ってからそれまで敵を殴って蓄積した与ダメージの数字に回復量は依存)
4)「回復」や「蓮華」、「如来救世」といった共通技能を駆使しての蘇生枠行動
5)「捨身飼虎」や「捨身虎牙」といった標的固定技能を使っての盾行動(つまり味方を守る)


つまり、アタッカー職・蘇生職・盾職として動くことが可能なんですね。
しかしそれぞれに完全に特化した職業さんに劣る部分ももちろんあります。

アタッカーで動くならば不利な部分は守護を抜けられない、ダメージ上限がなかなか上がらない
回復で動くならば、蘇生がすごく貧弱だったり回復量が薬師や仏門に劣る
盾で動くならば、守護がないので絶対に標的固定をしていなければいけない


なので人よりなんでもちょっとできるけど、すご~~く特化はしないというわけです。
けれども逆を言えばいろんなことができるので面白い特化だと思います。

ちなみにいろいろできるからといって、初期振りを平均的にすることはあまりオススメできません。
やはりアタッカーがメインなので腕力はきっちり振りましょうネw

僧についてはこんなところかなぁ…
[PR]
by dreaming-caos | 2005-01-01 12:38 | ★プレイの基本

職業解説-侍編

侍の特化は

①全物理アタッカー中最大のダメージを誇る武芸
②「心頭滅却」して物理ダメージを気合ダメージに変換できる武士
③「堅忍不抜」で徒党員の付与状態を自分に模写できる軍学


の3種類。

①の武芸についてはそれ以上の説明は必要ないかなって思うので省略。

②③の武士と軍学は、どちらも「盾」と呼ばれる属性を持っています。
敵が自分に攻撃を仕向けるようにして、徒党のみんなを守りながらサポート技能で戦闘の流れを味方に有利なように導くのがお仕事。

武士と軍学の違いとしては

1)武士は「盾」としての技能がより充実している
2)軍学は「サポート」としての技能がより充実している


という認識でほぼ間違いないと思います。
武士は盾として特化させたい場合にはやりやすく、また面白いと思います。
軍学はサポート技能が優秀ですが、そればかりではなく盾としても行動を怠れないということと、技能の使いどころやタイミングがあったりとよりテクニカルになると思いますが、やりごたえは十分あると思われます。

盾で動く場合には同じ盾属性の鍛冶屋さんと一緒にタッグを組む機会が多くなります。
鍛冶さんと侍さんの盾としての違いは

1)侍さんはより多くの魅力で長い時間敵を自分にしか攻撃できなくする(釣り固定状態)
2)侍さんは結界技能を駆使して自己保身をする
3)鍛冶さんは全特化で一番の生命力と防御力で徒党のみんなを「守護」する(自動でかばう技能)
4)鍛冶さんは防御力が大幅に上昇する「鎧の極み」「鎧の至り」を維持して自己保身をする


昔ながらの役割分担で言えばこんな感じですね。
けど最近では、そういうのも多少破綻してきていますが、覚えていても損はないと思いますし、やはり基本あってこその応用かなとも思います。

何事も役割分担だし持ちつ持たれつが大事です(〃ノ∇ノ)

侍についてはこんなところかなぁ
[PR]
by dreaming-caos | 2005-01-01 12:09 | ★プレイの基本