信長の野望online風雲鯖の鳳雛寺一家の日記♪


by dreaming-caos
カレンダー

<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-28 13:08 | ☆ニコニコ・ようつべ

壊れた時計

c0180851_9323354.jpg

鳳雛寺ののぶの中での時計はどうやら止まってしまったようです。
こうなるともう引退も近いのかな…とかも思いつつ、見かけた知人の手伝いをしてみたり、新キャラを思案してみたり。。

まだまだ、お世話になった方や仲良くしてくれる友達もたくさんいるし、自分のキャラに対する愛情も薄れていないので引退しようとは考えてもいませんが、でも自分の中で近いのかなとやはり感じる部分もたくさんあったりもします。


なんつうか、最近疲れているのか寝るともう深夜まで起きないなどもあるし、仕事がそもそも夜間なので深夜にイン、早朝就寝起きたら仕事みたいな感じの生活になっています。


c0180851_9344071.jpg

中身の人間もそろそろ、心休まる場所での休息も必要なのかな・・・w

とりあえず毎日インはしてます。
みかけたら遊んでやってくださんせ(〃ノωノ)
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-28 09:35 | ☆まったりのぶ日記

やってみたぃクソゲー


[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-26 23:22 | ☆ニコニコ・ようつべ


中学生の頃、GLAYが好きでリアルタイムではないけどこの曲もけっこうハマってたなぁ。
むしょーに聞きたくなって探したらLiveのしかなかt…くすん。

オリジナル音源で聴きたかったな。
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-23 19:28 | ☆ニコニコ・ようつべ
願いは 儚くも脆く
此岸と彼岸に逸れて 二度とは逢えない

二人…ふたり…消え逝く記憶 はらり…はらり…積もる愛しさ
仮令(たとえ)君を抱けなくても 僕は…僕は…生きるから
c0180851_7214654.jpg

過ぎた日々は、眩しくて輝いていて
だからこそせつなくて悲しくて。

あの頃に戻れたら。。。なんて安易な言葉は口にしたくないけれども
どうしても思い出すと戻りたくてもどかしくて。

あの人の名前を思い浮かべるだけで苦しくて、だけど忘れられなくて。
いっそ放っておいてくれたらよかったのに...最初から。
そうすれば苦しくもなかったし悲しくもならなかったのに…。

だけど忘れられない記憶が、傷みが、感触が
今日もアタシを苦しめるんだ…。

c0180851_7254586.jpg

どうして出会ってしまったのだろう。
細かい記憶はどんどん薄れていくのに、どうして想いばかりが重なっていくんだろう。
いっそ全て忘れられたらどんなに気持ちがラクになることかと、願っては叶わずにいる。
だから、自分の中に閉じ込めておきたい。

けれど…
閉じた記憶はどうして開かれるんだろう。
しまいこんでしまいたい気持ちはどうして心の中から溢れ出すんだろう。

アタシはなんで、こんなことをブログに書いてるんだろう。。


酔っ払ったかな。
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-23 07:28
雪獅子に異変が!!!


c0180851_2161869.jpg

ななな、なついている!!!
思えばせっせと毎日エサをあげた甲斐がありましたっ。

なついたら猫が
c0180851_2165548.jpg

踊るようになりました。
しかしこの動きはもはや化け物の領域。
本物の猫がこんなことせんwwwwwwww
コーエーのセンスに嫉妬だぜクソっ。

そして猫さん、ついて歩くようになったんです!
c0180851_2174997.jpg

食卓につけば、ゴハンをおねだりしている風に。

c0180851_218741.jpg

書斎にいれば、悠があげているお経を聞いている風ぽく。

c0180851_2183152.jpg

茶室で庭を眺めれば、甘えたそうに見つめてみたり。

c0180851_2185942.jpg

槍の修練をしていれば、隣で応援。


もう、気分はサイコーです(*;ω;)ぶわっ

愁のとこの楓夜もはやくなつかなぃかなー、るんるん♪
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-23 02:20 | ☆まったりのぶ日記

知人が移籍と聞いて…

c0180851_20513011.jpg

北条なアタシがナゴヤにて冷やか…じゃなくて呼び込みしてみました。(つっても大声もしなぃし突っ立ってるだけ)

能面パワーは偉大です。


というのは嘘で、実際は面倒見のいい織田の方が呼び込みをしてくださって割とすぐにたまりましたとです。
「コイツ何だよ」と思われたって泣かない・いぢけなぃ。
苦楽を共にした知人が移籍したいって言うならば、敵対国でなければ応援行ったって…イイヨネ?ネ??




そうそう、これは先日のお話。
c0180851_20535068.jpg

知人が私設連中つれて三輪山行きたいというので、案内人してきました。
アタシは私設には基本的に属さないタイプなので、本格的には参加せずにたまにお邪魔させていただく程度ですが…w

何度きてもここは美しいです(〃ノωノ)
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-21 20:54 | ☆まったりのぶ日記

職人集めて陸1鎧ッ!

c0180851_643666.jpg

以前から企画はあったのでやってみました。
無謀にも野良さんも集めてやったという…w

友達の友達さんがクエ対象さんなので、この方はクエ対象ボーナスということで普通の装備です。
ですが、天蓋装備なのがいい味でてます(〃ノωノ)

c0180851_661733.jpg

色がほとんどかぶってなぃのがまた凄いところwww
こんだけ職人集まると圧巻デスネ!


さて、戦闘はというと
c0180851_67144.jpg

職人パーンチ!

c0180851_66499.jpg

職人キーック!

c0180851_68829.jpg

職人フラッシュ!

c0180851_68312.jpg

職人魂付与!

どこを見ても、いつ見ても職人すぎて凄い光景w
ちなみに
c0180851_6961.jpg

みねうちだって職人装備。
でもかなづちのみねってどこなんだろう…と疑問を残して鎧戦終了。


c0180851_610149.jpg

ハイ、調子のって獏もきましたよー?
獏だって職人装備しちゃうんですよー?

c0180851_6104438.jpg

ラリったテンションでラオウ降臨。

c0180851_6111541.jpg

さらにラリったテンションで憤怒する職人。
ムダにモーションかっこよくて嫉妬。


何かもう、最後はぐだぐだのまま終了。チーン。
だけど、みんなに気に入ってもらえたようで、またこういう催し考えるのもいいかもにっw
今回やってて出た次の案が「無銘装備で魔犬」
これもまたアツいw
裸よりアツぃ無銘装備に嫉妬ですw

お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました(〃ノωノ)
またの機会にもぜひ、よろしくバカやりましょう。

合言葉は
「何があっても泣かない、死んでも泣かない」
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-19 06:15 | ☆まったりのぶ日記
c0180851_5114242.jpg

傾奇の奉行試験で裏堺のNを狩ると出る「妖玉」を金蔵さんに持っていくともらえる「黒塚の面」
この黒塚ってなんじゃらほいってなもんで今回はアップしようかな。

昔話で、「とある男が一夜の宿を求めたあばら屋に住んでいたのは人食いばばぁだった」みたいなのを誰しも聞いたことあると思うのですが、簡単に言えばそれが黒塚ってやつです。

福島県の安達ヶ原の黒塚伝説が有名ですが、埼玉県の大宮にも黒塚伝説があったり、また全国に類似する伝承はあるみたいですね。

能楽や歌舞伎の演目にもなっていて、能楽では「黒塚」歌舞伎や浄瑠璃では「安達ヶ原」と名前が異なるようです。


さて、詳しいあらすじですが。。。


昔、岩手という女性が京都で(ということは平安期かな)公家の屋敷に乳母として奉公していました。
彼女が乳母としてかわいがっていた姫は不治の病で、5歳になっても口をきけなかったそうです。
そんな彼女は、ある易者の言う「妊婦の胎内にいる胎児の生き胆が病に効く」という言葉を信じ、生まれたばかりの自分の娘を置いて旅に出るのです。
(先日もご紹介しましたが、この当時は通い婚なので奉公してる者の旦那は奉公先に夜な夜な通ってきて夫婦生活を営んでいました。なので、女房部屋(奉公してる女性の部屋)は奉公する女性とその子供たちで賑わっていたようです。その様子が枕草子などでもうかがえます。岩手もまた、そんな女性で奉公先のこの公家の屋敷で育児をしていましたが、そのまま奉公先に置いて旅に出たのでしょう。)

奥州安達ヶ原にたどりついた彼女は岩屋を宿として長い年月、ずっと標的を待ち続けました。
来る日も来る日も。
そんなある日、若い夫婦がその岩屋に一晩の宿を求めてやってきます。
嫁は妊婦でちょうど産気づき、旦那が急いで薬を買いに出かけます。
これは好機とみた岩手は、出刃包丁を取り出して妊婦に襲いかかり、腹を裂いて退治を取り出します。
だがそのとき、その妊婦が身に着けていたお守りを見て絶望しました。
そのお守りは、自分が京都を発つときに自分の娘にと置いてきたお守りだったのです。

それ以来、精神に異常をきたした岩手は旅人を襲っては生き血をすすり、人肉を喰らう鬼婆と化してしまうのです。

それから数年後、紀州の僧の東光坊祐慶が安達ヶ原を旅している途中に日が暮れたので岩屋に宿を求めてやってきます。
岩屋にいた岩手は、薪を拾いに出かけます。
その間に祐慶は奥の部屋に累々とつまれた人骨や散乱した内臓などを見てしまい、慌てて岩屋から逃げ出します。
帰宅して祐慶の逃亡に気づいた岩手は猛烈なスピードで追いかけて行きました。
追いつかれそうになった祐慶は、旅の荷物から如意輪観世音菩薩を取り出して必死に念仏を唱えます。
すると、雷鳴が轟き鬼婆は雷に打たれて絶命しました。
祐慶が鬼婆の死に様をみると、狂気はなくなり安らかな死に顔となっていたそうです。

祐慶は鬼婆を阿武隈川のほとりに葬り、その地は「黒塚」と呼ばれるようになったそうです。



なんとも悲しい物語デスネ。
なぜ他人の幸せを壊してまで、自分の乳を飲ませた姫を助けようとしてしまったのか。
でも、人ってそういうところあるのかもしれない。
自分が幸せにしたい人間のためなら、なんだってしてしまうのかもしれない。
気持ちがわからなくもないから、余計に悲しいのかもしれない。
最後に岩手が安らかな死に様だったのが余計に悲しいのかもしれない。


日本人はなぜ、こういう悲しい物語を美しいと思うのだろうかと思いつつ、なぜか自分も美しいと思ってしまうところが日本人だなぁ…と思ってしまぃました。


そうそう、黒塚といえば陰陽座にこんな曲もあります。
なんともおどろおどろしさや悲しさが、この物語のせつなさをかもし出してるなぁ、なんて思います。



いろいろな伝承や解釈もあると思うので、自分でも調べてみるとまた楽しいかも。
どうでもいいけど、鳳雛寺は歌舞伎より能派です。
でも能を自宅で見てると篳篥や鼓の音にいちいち猫が反応して怖がる罠(ぁ


信長の世界にはまだまだ古来の日本のさまざまなものが隠れているかもしれなぃっ。
ひとつ、またひとつと発見してみると楽しいかもかも?
c0180851_5513774.jpg

[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-19 05:51 | ★大雑把な豆知識
c0180851_58238.jpg

c0180851_583387.jpg


うーん、新手の宗教ミタイダ。(うっとり
[PR]
by dreaming-caos | 2009-10-19 05:08 | ☆ネタ色々